はじめての鍼灸

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

鍼灸って、どうなんだろ?

 

いろいろと試してはみたけれど・・・、だから鍼灸、思い切ってはじめてみようかな。

 

しっかし、はじめて行くところで知らない人間に、いきなりあちこち鍼をブスブス刺されたり、ってのを考えるとなかなか。

 

お灸も、患部に直接もぐさをのっけて、わざとやけどさせて、化膿させてみたいな、昔はそんなやり方だった、って聞いたことあるし・・・。

 

もう一歩、勇気が出ない。

 

鍼灸は、心と身体にとっていいことが本当にたくさんあります。

 

ですが、メリットばかりではありません。

 

デメリットのようなことも、相性が悪いとでも言いますか、どうしても鍼やお灸が合わない方もおられるのも事実としてあります。

 

せっかくチャレンジしてみようと、鍼灸を暮らしの中に取り入れてみようとしてくださっているのに、さらに抵抗感を植え付けてしまうかもしれませんが、できればさまざまな面を知っていただきたいので、今回は余計なことを少しだけご案内させていただこうと思います。

 

毎度のことですが、そないに大した内容ではありませんので、暇つぶしがてらご参考までに、どうぞ。

 

整体やマッサージを受けた後に、もみ返し、が起こる時がありますが、鍼灸でも同じような状態になる場合があります。

 

たとえば、何となく身体全体的にだるくなったり、筋肉痛っぽくなったり、めちゃくちゃ眠くなったり。

 

単純に痛かったり、刺入した部分が、鍼はもう抜いているのだけど、まだ刺さっているような感じがしたり、わずかにズーンと響くような感覚が残ったり、内出血が生じたり。

 

想像してたより熱かったり、発赤したり、お灸をすえたところを、お風呂でゴシゴシこすって洗ったら薄皮がめくれたり。

 

齊木鍼灸整骨院がはじめてだったり、特に今まで1度も鍼灸を受けた経験のない方へは、最初から鍼やお灸をたくさん使ったり、強い刺激を加えるような施術は行いませんが、これらのようなことが起こる可能性があります。

 

いつもに比べて体調が不安定で、症状が重いような時は、急に血流が促されることによって、その反動が大きくあらわれたり。

 

刺激に対して過敏だったり、極端に緊張しやすい方だと、血圧の変動や精神的な影響で、一時的にめまいや吐き気、冷や汗が出て貧血のようになるケースもまれにあります。

 

僕が今まで聞いた中ですと、過去に別のところで鍼灸を受けた後1、2時間起き上がれなかったことがあるのよ、とか、翌日あまりにつらくて寝込んだわ、とお話ししてくださった患者様もおられました。

 

好転反応ですよ、治ろうと身体ががんばっている証拠ですよ、と説明される先生もいらっしゃるようですが・・・。

 

できることなら、わずかでも出ないようにしたいと、しんどくなるのは避けたいと、個人的には考えて施術に取り組んではいるのですが、もみ返しやだるさといった多少の違和感は、たとえ軽くでも直接刺激を与えるわけですから、ある程度は仕方ないとも思っています。

 

≫鍼灸や整体を受ける際に気をつけること

 

と、このようなことばかり言っていると、誰が鍼灸みたいなもん受けんねん、迷ってたけど絶対やめとこ、デメリットすぎるやろ、と明らかに逆効果になりそうですが、もちろん、けっしておすすめしていないわけではないんです。

 

たしかに、あえて言わなくていいことも、知らなくていいこともあるかもしれません。

 

でも、メリットだけじゃなくて、100%ゼロリスクはないということも包み隠さずにお伝えすべきだと。

 

そのうえで、ちょっぴりうさんくさい東洋医学の世界へ、飛び込むかどうかご判断いただければと。

 

これが、大げさな言い方かもしれませんが齊木鍼灸整骨院の方針でして、頼ってくださった方へは僕が本当に考えていることを何でも正直に、やんわりとストレートにお話しさせていただいております。

 

こんなところでも差し支えなければ、こんなところがよろしければ、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

はじめての鍼灸、箕面の隠れ家でゆったりと

 

心地よい施術と空間をご提供できるように、つねに心がけております。

 

どのようなお悩みでも、気兼ねなくご相談くださいませ。

 

あなたの専属パートナーのような存在として、生活の質の向上につながるようなサポートができれば幸いでございます。

 

 

友だち追加

鍼灸や整体を受ける際に気をつけること

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

今まで鍼灸や整体を受けて、施術後にだるくなったり、筋肉痛みたいなもみ返しが出たり、施術前よりも痛みが増強したり。

 

中にはじっと立っていられないくらいにしんどくなってしばらく休憩してから帰宅したり、めまいや吐き気とともに冷や汗が流れて貧血のようになった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

はじめてだったり、久しぶりに施術を受ける時には、身体が慣れていなかったりすると多少のだるさが感じられたり、施術当日の夜や翌朝にもみ返しになる方もおられます。

 

ある程度の刺激を受けますので、さまざまな反応があらわれるのは自然なことではあるのですが、できれば避けたいところです。

 

ましてやふらついて気分が悪くなったり、血の気が引いて貧血みたいになってしまうことがあると、鍼灸や整体は2度と受けたくないと、大っ嫌いになっちゃいますよね。

 

あまりよろしくないイメージが先行していたり、世間には知られていないことばかりでまだまだ認知度は低いのですが、鍼灸や整体には魅力的な面もたくさんございます。

 

その日の体調や症状、体質によっては合う、合わないがどうしてもあったりはするのですが、これから鍼灸や整体をはじめてみようかなとお考えの方へ、できるだけ違和感なく受けていただけるように、施術前後や施術中に気をつけるとよいことをご案内したいと思います。

 

まず施術前ですが、直前の食事や飲酒は控えましょう。

 

食後すぐやアルコールを摂取した状態で鍼灸や整体を受けると、お腹が圧迫されて負担がかかったり、さらに血行が促進されることによって、気持ち悪くなる場合があります。

 

普段から施術を受けることに慣れている方でも、満腹やほろ酔いでの鍼灸や整体は要注意です。

 

次に睡眠不足や熱がある時。

 

不眠や咳、痰、喘息でお悩みの方へ施術を行うこともあるのですが、これらのような症状以外で、いつもより極端に寝不足だったり、熱っぽい状態での鍼灸や整体も、施術後の体調に影響を及ぼす可能性があります。

 

微熱ならまだしも、高熱はもちろんNGです。

 

そして緊張しやすい方。

 

精神的な状態も作用することがあります。

 

どのような場面においても著しく緊張しやすい方は、施術者に事前に伝えておくとよいですよ。

 

そうするだけでも緊張がほぐれて気分的にも楽に、全然問題なく鍼灸や整体を受けることができたりします。

 

施術当日の、鍼灸や整体後間もない飲酒、食事、長湯、運動も。

 

施術前と同様に、急に血流が促進されたり、施術を受けたばかりの患部に負荷がかかったりすると、いろいろな過剰反応があらわれることがあります。

 

特に鍼灸や整体が未経験の方や、はじめてのところではじめての先生による施術を受けられた方、毎回だるさやもみ返しが出る方は意識するようにしましょう。

 

何となくしっくりしないまま、同じ体勢が続くとよくないこともあります。

 

たとえば美容院のシャンプー台で、気持ち悪くなったことのある方もおられるのではないでしょうか?

 

施術中はしばらくうつ伏せや仰向けの状態が続いたりします。

 

横向きや座ったままでも施術を行うことができますので、体勢が合わない時はけっして我慢せずに、ポジションを変えてもらうようにしましょう。

 

代表的な注意事項をいくつかご説明させていただいたのですが、上記の他にも、心臓や腎臓に持病がある方、注射を受けた後だったり、日常的に服用している薬等、既往歴や現在進行形の治療状況、体質によっては施術を受けない方が無難なケースもございますので、たとえ些細な内容だとしても、気になる点は前もって相談なさることをおすすめします。

 

より快適に、心地よく鍼灸や整体を受けていただけるように、ご参考になれば幸いです。

 

不安要素を抱えたまま施術を受けるのはあまりおすすめしませんので、当院でもよろしければお気軽にお問い合わせくださいね。

 

≫隠れすぎている齊木鍼灸整骨院はこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

営業時間外でもご利用いただける、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

友だち追加したら、求めてもいない通知がひっきりなしに届くようになって不快だ、なんてことはありませんのでご安心くださいませ。

 

デメリットはないかと思いますが、今のところ特別メリットもございません。

 

 

友だち追加

冷えのぼせによるお肌のトラブル

JUGEMテーマ:美容

 

顔全体の赤み、ブツブツ、吹き出物。

 

あまりにもいつもと違うから、明らかに症状がひどいから、花粉とかハウスダストとか食べ物とか、何かのアレルギー反応が出てるのかな?と、医療機関で検査をしてもらっても異常なし。

 

むしろすべて陰性。

 

たばこは吸わないし、お酒もそんな飲みすぎってこともなさそうだし。

 

日焼け対策もしてるし、敏感肌用の刺激が少ない化粧水や洗顔料を使うようにしてるし。

 

夜ふかしもしてないし、どちらかと言うと規則正しい生活を送ってる方かと。

 

ちょっと落ち着いてきたと思っても、またしばらくしたらぶり返す肌荒れ。

 

こんな状態がかれこれ半年以上続いてるんですけど。

 

はて?

 

何が合わなくて、このようなことになっているのか・・・。

 

こんな時はお肌のターンオーバーの乱れや冷えのぼせが原因となっていることがあります。

 

通常、お肌の生まれ変わりのサイクルは20代で約4週間、30代で約5週間、40代で約6週間と言われています。

 

この基本的な周期が乱れてくると、お肌のバリア機能が低下して、わずかな刺激に対してもダメージを受けやすくなります。

 

本来ならば頭寒足熱、頭は涼しくすっきりと、足はポカポカ暖かくがよい状態とされているのですが、その反対である冷えのぼせが影響していることも。

 

ターンオーバーの乱れなら、お肌の新陳代謝の活性化を目的として美容鍼やお顔の整体を行うのですが、冷えのぼせによると考えられる場合は、身体からもアプローチすることをおすすめしています。

 

美容皮膚科や漢方皮膚科に行くと、東洋医学に関心をお持ちのお医者さんが診察しているところでは、加味逍遙散(かみしょうようさん)といったような漢方薬を処方してくれることもあります。

 

上半身の、頭や顔のほてりを抑えるように。

 

下半身の、足の血流を促進させるように。

 

体質改善につながるように。

 

鍼とお灸を用いて体内の環境を整えることで、顔全体にあらわれている赤みやブツブツ、吹き出物の鎮静化を目指します。

 

ご希望や体質によって、鍼灸が苦手な方、合わない患者様へは整骨・整体による施術で対応させていただいています。

 

最近何だか肌が荒れやすくなってきた、治りが遅くなった、ホットフラッシュのような症状でお悩みの方は、当院でよろしければお気軽にお問い合わせください。

 

≫箕面の齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

心と身体に優しい東洋医学、取り入れられてみるとよいかもしれませんよ?

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE公式アカウントからもどうぞ。

 

たくさんお知らせが届いたり、こちらから来院を促すような連絡をすることはいっさいありませんので、安心してご利用くださいね。

 

微力ながらお役に立つことができればいいな、と思っています。

 

 

友だち追加

鍼って効きますか?

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

鍼って効果ありますか?

 

鍼をした方が早く治りますか?

 

受けられる方の症状や体質、年齢、生活習慣等によって異なりますが、鍼をした方が回復しやすかったり、治るまでの期間が早い、といった効果を期待することができます。

 

たとえば頚や肩の寝違え、ぎっくり腰、手首や指の腱鞘炎による急な痛み、スポーツにおける足首の捻挫、太ももやふくらはぎの肉離れといった急性期のけがに対して鍼をすることで、改善するまでの期間が短縮されたり、予後がよかったりします。

 

急性期以外でも、慢性的な肩こりや腰痛に対しても、もみほぐしてもらうだけだと1日や2日でまたすぐにこってきたり、痛みが出てきちゃうことが多いけど、鍼も合わせてしてもらうと1週間くらいは楽に過ごせる、といった方もおられます。

 

ですが、中には鍼をしてもほとんど変化がない、よくなるどころか反対にしんどくなってしまうだけの場合もあります。

 

特にはじめての方は、1度は経験してみてからでないと判断しにくいのですが、できるだけ余計な負担をかけないようにするために、事前にある程度見極めることも大切になります。

 

施術の方法を少し変えるだけで問題なく受けていただけることもあれば、そもそもどのようにしても鍼が合わないこともあります。

 

誤解を与えてしまわないように、誇大広告になってしまわないようにもお伝えしておきますと、鍼は誰にでも効くというわけではありません。

 

けっして何でも改善する、完治するということではないので、その点はくれぐれもお間違えのないようご了承くださいませ。

 

鍼と聞くとまだまだうさんくさくてあやしいイメージをお持ちの方が多いと思いますが、その反面、少しずつではありますが日本国内だけでなく世界的にも鍼に対する理解が広がってきているようにも感じます。

 

いろいろな分野のプロアスリートや著名人の方々が取り入れられていたり、WHO(世界保健機関)によってさまざまな疾患に対して鍼灸の有効性が認められていたり、東洋医学に関心を持っておられるお医者さんが増えてきているということも大きく影響しているんじゃないかなと思います。

 

今のところWHO(世界保健機関)から発表されている鍼灸適応疾患は次の通りたくさんあります。

 

肩こり、寝違え、頚肩腕症候群、腰痛、ヘルニア、リウマチ、腱鞘炎、骨折や捻挫の後遺症、スポーツ障害等の運動器系疾患。

 

坐骨神経痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、脳血管障害の後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、うつ病等の神経系疾患。

 

胃腸炎、食欲不振、消化不良、胃酸過多、胃・十二指腸潰瘍、便秘、下痢、痔等の消化器系疾患。

 

高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、不整脈、動悸、息切れ等の循環器系疾患。

 

風邪の諸症状、気管支炎、気管支喘息等の呼吸器系疾患。

 

甲状腺機能亢進症、糖尿病、痛風、貧血等の代謝内分泌系疾患。

 

腎炎、膀胱炎、前立腺肥大、性機能障害、ED等の生殖器・泌尿器系疾患。

 

生理痛、生理不順、PMS、不妊、つわり、更年期障害等の婦人科系疾患。

 

耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻炎等の耳鼻咽喉科系疾患。

 

眼精疲労、ドライアイ、ものもらい、仮性近視等の眼科系疾患。

 

かんむし、夜泣き、夜尿症、虚弱体質、小児喘息等の小児科系疾患。

 

上記の疾患以外にも、これからもさらに増えていくのではないかと推測されます。

 

他にも円形脱毛症や薄毛、冷え性、足のむくみ、不定愁訴、線維筋痛症、手術や薬治療による後遺症や副作用、妊娠に備えての身体づくり、顔のたるみやむくみ、ほうれい線、しわ、クマ、くすみ、肌荒れ対策として鍼施術を行うことも日常的にあります。

 

もし、現在何かしらの不調を抱えていてお悩みの方がいらっしゃいましたら、鍼を試しにはじめられてみるのもよいかもしれませんよ。

 

大阪北摂の箕面にひっそりとたたずむ齊木鍼灸整骨院まで、当院でよろしければ何なりとお気軽にご相談くださいね。

 

あらゆるご依頼に柔軟に対応させていただいております。

 

心と身体に優しい東洋医学を通して、健康と美容の両面からあなたをしっかりサポートいたします。

 

≫箕面の齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE公式アカウントからもどうぞ。

 

 

友だち追加

小児鍼、お子様の症状に

 

かんむし、夜泣き、おねしょ、虚弱体質、アトピー性皮膚炎、寝つきが悪い、イライラ、キーキー声を発したり、物を投げたり、暴れたり、いつも顔をしかめていたり、子ども特有の症状でお悩みの方は小児鍼、治療方法の1つとして取り入れられてみるのもよいかもしれませんよ。

 

鍼といっても、小児鍼の場合は直接肌に刺すことはありません。

 

接触鍼と呼ばれる刺さない鍼、イチョウのような形状をした鍼、コロコロのような見た目のローラー鍼、歯車がくっついているような鍼を使用します。

 

お子様の症状に合わせて、主に頭や肩まわり、背中、腰、腕、足あたりを優しくさするように、なでるように、まったく痛みのないように施術を行います。

 

自律神経のバランスを整えることによって、心身ともにストレスのない身体、症状の改善を目指します。

 

環境に慣れてしまえば1人でベッドに寝転んだまま、リラックスして受けていただけるかと思います。

 

なかなか慣れなかったり、お母さんやお父さんから離れるのが嫌なお子様の場合は、抱っこしたままでも施術を行うことができますので、ご安心くださいね。

 

小児鍼の施術時間は基本的には10分前後ですので、長時間じっとして受けないといけないということはありません。

 

症状にもよりますが、0歳から小学校6年生くらいまでのお子様が対象になります。

 

たった1回の施術で、毎日のようにかんしゃくを起こして大声で泣き叫んだり、毎晩の激しい夜泣きがピタッとおさまることもありますし、数回続けることで、おねしょの回数が激減することもあります。

 

中学生になってからでも効果が出ることもありますが、ある程度大きくなってから、時間がたってからでは、小さい頃に比べると効果が出にくい場合がありますので、症状にお気づきの方、お悩みの方、小児鍼をお考えの方は、できるだけ早い段階で施術を受けられることをおすすめしております。

 

お子様の症状でお悩みの方、小さい頃から薬ばかりに頼るのには抵抗のある方は1度、関西地方、大阪が発祥と言われている小児鍼、試しに受けられてみてはいかがでしょうか?

 

齊木鍼灸整骨院では小児鍼の施術も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

基本的にはお1人ずつご予約をお取りして施術しておりますので、大きな声を出したり、泣き叫んだりして他の患者さんに迷惑かけたらどうしよう、といったようなご心配はまったくいりませんので、気になさらずに安心してご来院くださいね。

 

≫子ども特有の症状についてはこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加

心と身体に優しい東洋医学

 

齊木鍼灸整骨院の齊木泰範です。

 

ブログをはじめてみました。

 

あまり内容のない、よくわからないブログを書くこともあるかもしれませんが、読んでくださる方へ少しでも、何かしらお役に立てることがあれば幸いです。

 

そんなはじめての投稿ですが、鍼灸について、書いてみようと思います。

 

ここ最近特に東洋医学のうちの1つ、鍼灸が日本国内のみならず世界的にも注目を集めています。

 

しかし、鍼灸と聞くと痛い、どのようなものかよくわからない、うさんくさいといった印象が強くて、受けたことのない方がまだまだ多いと思います。

 

そこで、鍼灸のご紹介です。

 

WHO(世界保健機関)によって361のツボの統一基準が決定され、すべて合わせると身体には2,000以上のツボがあると言われています。

 

鍼灸ではこのツボに刺激を与えることで、心身の不調の回復を図ること、自然治癒力の向上、免疫力強化、体質改善、予防を主な目的として施術を行います。

 

人生100歳時代の到来が予測されている今、病気を予防するすること、健康なまま年齢を重ねることへの関心が高まってきている中、世界各国で西洋医学と東洋医学とを組み合わせた統合医療を行っているところも増えてきていて、鍼灸に対して大きな期待が寄せられています。

 

美容やスポーツの現場においても鍼灸が多く取り入れられています。

 

鍼灸の有効性が認められている適応疾患もたくさんあり、これからもどんどん増えていくのではないかと思っています。

 

≫鍼灸適応疾患についてはこちら

 

使用する鍼は髪の毛ほどの細いものですが、その中でも用途に合わせていろいろな太さや長さの鍼があります。

 

お灸にも、熱さの強弱、大きさ、香り、さまざまなタイプがあります。

 

最近は、自宅でも手軽にできるセルフケア用のお灸も発売されていて、お灸女子、なんて言葉もよく耳にするようになりました。

 

施術の方法は症状や体質、目的によって異なりますが、鍼の刺し方には、単刺、置鍼、パルス鍼といった方法があります。

 

単刺は、鍼を刺してから上下に動かしたり、振動を与えたりと、刺激を加えたらすぐに鍼を抜きます。

 

置鍼は、鍼を刺してからしばらく、10分前後刺したままの状態にしておきます。

 

パルス鍼は、刺した鍼に低周波の電流を流します。

 

お灸には、肌に直接もぐさをのせる直接灸、肌に直接もぐさをのせずに間をあける間接灸、刺した鍼にもぐさを取り付ける灸頭鍼、いろいろな温熱刺激を加える方法があります。

 

人によってそれぞれ痛みの感じ方は違うとは思いますが、少しだけチクッとしたり、一瞬熱さを感じることもありますが、当院では、基本的にできる限り負担のかからないように、痛みのないように鍼やお灸を行うようにしています。

 

刺激の強弱は人によってさまざまで、中には鍼の響きといって、ズーン、ジーンというような感覚が気持ちいい、効いているような感じがすると、強い刺激がお好みの方、身体に適している方もおられます。

 

鍼の響きがないと効果が少ないという考えもありますが、強い刺激は症状や体質によっては逆効果になる場合もありますので、すべてにおいて当てはまるということではありません。

 

お灸の場合ですと、熱いとかやけどのイメージがあるかもしれませんが、直接肌にお灸をすることはありませんので、ポカポカ心地よく受けていただけるかと思います。

 

齊木鍼灸整骨院では症状や体質、ご希望に合わせて、リラックスしていただくことを基本に施術しておりますので、安心してご来院くださいね。

 

心と身体によいことのうちの1つとして鍼灸、はじめてみませんか?

 

疑問に思われることがございましたら、お気軽にご相談、お問い合わせください。

 

もちろん、ご相談だけでも大歓迎です。

 

長々となってしまいましたが、最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございます。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加

1