整形外科と整骨院と整体院、どう違うの?

JUGEMテーマ:接骨院・整骨院

 

テレビ番組や健康雑誌で取り上げられたり、インターネットの普及もともなって数年前、十数年前に比べると減りましたが、今でも時々聞かれることがある、よくあるご質問の中の1つ、整形外科と整骨院と整体院の違いについてちょこっとご紹介したいと思います。

 

健康管理を行うにあたってどれを選んで通えばいいのか、少しでもご参考になれば幸いです。

 

まず、整形外科は国家資格である医師免許を取得している、いわゆるお医者さんです。

 

骨折や脱臼、捻挫を鑑別して診断したり、MRIやCT、レントゲンといった医療機器を使って検査をしたり、手術や薬治療を施したり。

 

診断や検査、治療もそうですが、教育課程や専門知識、臨床経験においても、整骨院や整体院と比べると、はっきり言ってその差は歴然です。

 

整骨院や整体院で行っている範囲の内容で、整形外科でできないことはありません。

 

もちろん、健康保険や労災保険、自賠責保険を使って診察を受けることも可能です。

 

次は整骨院です。

 

接骨院やほねつぎと看板に書いてあるところも、名称は違いますが同じです。

 

整骨院は柔道整復師という国家資格が必要になります。

 

日常生活における急な痛みやけが、原因がはっきりとしている捻挫や打撲、肉離れに限り、健康保険が適用されます。

 

自費であれば問題はないのですが、たとえば肩こりによる頭痛や眼精疲労、慢性的な腰痛では健康保険は使えませんが、転んで手をついた時に肩を捻って痛めたとか、荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になったような場合は健康保険を使うことができます。

 

骨折と脱臼も初回は応急処置として、2回目以降は医師の同意があれば健康保険用いて施術を受けることができます。

 

整形外科と比べるとかなり制限はありますが、健康保険が使えたり、労災保険や自賠責保険の取り扱いも可能です。

 

ですが、整形外科のようにレントゲン撮影や薬の処方はできません。

 

この症状ならこの傷病ですね、と診断をしたり、手術や治療といった行為も当然ですが、これらの言葉を使うこともできません。

 

そして整体院。

 

整形外科や整骨院のように、国家資格は必要ありません。

 

必要がないと言うよりも、そもそも整体院の国家資格は存在しません。

 

何ともおそろしい話ですが、無資格でも、施術経験や専門知識がまったくなくても整体院として開業できますし、私は整体師です、と誰でも名乗ることもできますし、いきなり施術を行ってお金をいただくこともできます。

 

ここで僕がわざわざ説明しなくても、皆さんご存じであるかとは思いますが一応、整体院では診断や医療機器による検査、手術、投薬治療をすることはできません。

 

これは腱鞘炎ですね、とか、坐骨神経痛の症状が出てますね、とお伝えすることもできませんし、整体治療で必ずよくなりますよ、なんて誤解を招くような話をしてはいけません。

 

健康保険や労災保険、自賠責保険の取り扱いもできません。

 

しかし、できないことばかりではありますが、その反面、整形外科や整骨院のようにさまざまな制度に縛られていないといった現状もあります。

 

整形外科と整骨院と整体院の違いについて、簡単に言うとこんな感じです。

 

今のところ整体院やリラクゼーションサロン、もみほぐし屋さんは野放し状態で、以前から無資格者がサービスを提供していることが問題視されていて、メディアでも報道されている通り、事実としていろんなトラブルが起きたり、健康被害が報告されたりもしています。

 

過去にリラクゼーションサロンやもみほぐし屋さんのようなところで国家資格保持者として施術を行っていた経験があったり、普段から癒しの感覚をとても大切にしている人間ではありますが、これはどうなんやろ・・・、なるほどな・・・、と残念ながら実際に感じたことも正直ありました。

 

これだけからすると整形外科がよくて整体院はよくない、ととらえてしまいがちですが、個人的な意見としては一概にはそのように判断できないと、決めつけなくてもいいんじゃないかなとも思っています。

 

最近は柔道整復師の国家資格を持っている人でも、整骨院では多くの規制があって理想とする施術や広告を行えないことから、他にもいろいろと理由があったりはするのですが、整体院として看板を掲げて営業しているところも増えてきていますし。

 

整形外科に長年通院していても変化がなかったけれど、整骨院に通うようになってから改善した、といった方に接する機会が今まで本当にたくさんありましたし、国家資格がなくても医師や柔道整復師よりも経験や知識が豊富な分野があったり、優れた施術のテクニックをお持ちの整体師さんも、おそらくいらっしゃるでしょう。

 

何なら適正とは言えないような保険請求業務を行って平然と生活している国家資格を有した人よりも、保険には頼らず、自費で、無資格であったとしても、正々堂々と施術に取り組んでいる人の方がよっぽどすばらしいと思います。

 

当然ながら、きちんとルールを遵守していること、モラルに反していないことが大前提ではありますが。

 

それは知らんがな、と指摘されても仕方ないような、私的な偏った感想も少々入れ込んでしまいましたが、整形外科と整骨院と整体院の違いについて、何となくでも伝わりましたでしょうか?

 

齊木鍼灸整骨院を例にしますと、頻繁にあることではないのですが、特に症状が著しかったり、判断しにくかったり、他の疾患が疑われるような時は、当院だけでどうにかするのではなく、まずは1度医療機関での検査を優先していただくようにおすすめしています。

 

けっして見放しているわけではありません。

 

その患者様が自分の家族や友人であったとしても、同じ選択をします。

 

この方がより正確に状態を把握できますし、施術を継続するにしても今後の計画を立てやすくなりますし、結果的にあらゆる面で何より患者様のためになると考えています。

 

原因をはっきりと調べてから、整形外科で治療を続けるのか、整骨院で施術を受けるのか、整体院に行くのか、はたまた2か所、3か所でお世話になるのか、その時の状況に合わせて臨機応変に方向性を決められるとよいかと思います。

 

どこがよくてどこが悪いとは必ずしも決まってはいません。

 

結局のところ整形外科でも、整骨院でも、整体院でも、ご自身がいいなと感じられる、フィーリングが合ったところが1番です。

 

と、こんな方針の、自費施術だけしか行っていない齊木鍼灸整骨院でも差し支えなければ、どのようなお悩みでもお気軽にご相談くださいね。

 

自律神経のバランスを整える、お肌の再生周期を整える、骨盤の歪みを整える、これら3つの整えるにフォーカスして。

 

心と身体に優しい東洋医学を通して、健康と美容の両面からしっかりとことんサポートさせていただいております。

 

≫大阪府箕面市にある隠れ家的な鍼灸整骨院

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

お電話やメール以外に、LINE公式アカウント(@jqm8048f)からもお問い合わせいただけます。

 

友だち登録したら、どうでもいい情報や、通院をうながすような営業連絡まがいの通知がひっきりなしに届くようなことはありませんので、安心してご利用くださいませ。

 

友だち追加後に、もし必要がなくなれば気兼ねなく解除しちゃってくださいね。

 

写真なし、文章のみ、不定期で気ままに投稿しているパッとしない箕面の齊木鍼灸整骨院ブログですが、2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

きっと誰かの役に立っているはず、と強く思い込みながら、今年も続けてみようと思ったりしています。

 

 

友だち追加

肩こりに対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 

肩こりで整骨院や鍼灸院、鍼灸整骨院に行ってもいいの?と、いろいろと事情をご存じの方はおっしゃられるかと思います。

 

その通りなんです。

 

どのような理由であれ、肩こりでは健康保険を使って施術を受けることができません。

 

ですが、齊木鍼灸整骨院では健康保険の取り扱いはせずに、すべて自費による施術を行っておりますので、肩こりでご来院いただいてもまったく問題ありません。

 

むしろ当院では注力してる症状の中の1つとして、日々せっせと施術に取り組んでいます。

 

今回はその肩こりに対する鍼灸や整体にかかる時間や費用、対応可能な施術コース、オプションについて簡単にご説明いたします。

 

たとえばこり固まっている頚や肩、肩甲骨周辺を中心にほぐしてもらいたいな、のような時は整骨・整体コースが該当します。

 

施術時間は約30分、費用は3,500円です。

 

もみほぐすのは必要ないから鍼やお灸、その両方だけを受けたいな、の場合は鍼灸コースになります。

 

施術時間は約40分、費用は5,000円です。

 

初回はそれぞれ上記に加えてカウンセリングに約20分と、初検料として別途2,000円がかかります。

 

さらに整骨・整体コースも鍼灸コースも、施術時間を延長したり、鍼灸を追加するといったオプションメニューもご用意しています。

 

整骨・整体コースで、もっと時間をかけてしっかり施術を受けたい方は施術時間延長を。

 

肩まわりを特に、部分的に鍼やお灸を用いた施術をお望みの方は鍼灸追加を。

 

鍼灸追加のオプションは、鍼灸コースにおける施術時間延長にも対応しています。

 

施術時間延長は10分1,000円から、鍼灸追加は1部位につき約10分で1,500円からの設定になっています。

 

他にも円皮鍼を貼ったり、鍼に通電するパルス鍼といったプランもございます。

 

生活スタイルによって度合いはさまざまであると思いますが、性別に関わらず、とても多くの方が肩こりに悩まされていることと推測されます。

 

最初はちょっとした肩こりでも、蓄積されるとなかなか筋肉の緊張が緩まず、ほぐしてもほぐしても楽にならなかったり、寝違えてしまったり、頭痛やめまい、吐き気、眼精疲労、神経痛を引き起こしたり。

 

肩こりのせいで毎日何をするにもしんどくて、すっきり過ごせる日が1日もなくて、気分まで落ち込んでしまって、身体だけでなく心にも不調があらわれてしまうことも少なくありません。

 

こうなってしまうと、ちょっとやそっとじゃ改善しなくなってしまいます。

 

肩こりを根本的に完治させるというのはなかなか難しいことではあるのですが、最悪の事態を未然に防ぐためにも、できる限り良好な体調をキープするためにも、早期の対策、定期的なメンテナンスをおすすめしています。

 

日常における、あまりよろしくない習慣を見直すことも大切です。

 

今までなら数日したら適当に治ってたんだけどな、最近だんだんひどくなってきた気がする、頭痛薬が手放せなくなってきた、といった方は、心身の健康のために、肩こりゼロを目指して、そろそろ鍼灸や整体をはじめてみられるのもよいかもしれませんよ?

 

どこにあるのかわかりにくい、3階までは階段、朝から夕方にかけては満車になりがちな提携コインパーキングは2か所あるけど専用駐車場はなし、そんな齊木鍼灸整骨院でもよろしければ、肩こりでも何でもお気軽にご相談くださいませ。

 

≫箕面市牧落にある隠れ家的な鍼灸整骨院

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、営業時間外でもご利用いただけます、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

 

友だち追加

齊木鍼灸整骨院の鍼灸

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

まだまだ認知度が低い鍼灸ではありますが、中にはすでに日々の暮らしに取り入れている方もいらっしゃるかと思います。

 

一生出会うことのない方、たまたま知り合いに教えてもらったのがきっかけで鍼灸の魅力にどっぷりはまっている方、西洋医学よりも東洋医学がお好みの方。

 

実はこれから鍼灸をはじめてみようかなと思っているんです、と興味を持っている方もおられるのではないでしょうか?

 

まず、鍼灸施術にははり師やきゅう師といった国家資格、厚生労働大臣免許が必要になります。

 

鍼灸師以外に鍼灸を行うことができるのは医師だけです。

 

鍼灸師が勤務していたりはよくあるのですが、お医者さんが鍼やお灸を行っている病院も、ほんの少しずつではありますが以前に比べると増えてきているそうです。

 

では、鍼灸とは実際にどんなことをするのか簡単に言いますと、鍼を刺す、お灸をすえる、なのですが、その方法は鍼灸院や鍼灸整骨院、病院によって多種多様です。

 

これはほとんどの鍼灸院や鍼灸整骨院でしているのですが、最初に施術を受けられる方に関する情報を教えていただくことからスタートします。

 

病院や歯科医院では、はじめにお医者さんや歯医者さんに症状を伝えて、診察を受けて、検査をして、治療計画を立てて、いくつか段階を踏んでから、それから治療に入るかと思います。

 

いきなり手術がはじまったり、注射を打たれたり、歯を削られたりしませんよね。

 

鍼灸院や鍼灸整骨院も同じように、何の説明もなしに突然鍼を刺されたり、お灸をすえられるなんてことはありません、そのはずです。

 

問診やカウンセリングと言われたりしますが、鍼灸師の考え方、鍼灸院や鍼灸整骨院の方針によって、この時点から方法が大きく異なることがあります。

 

年齢や性別、主訴、持病だけでなく、生活環境や家族の病歴、飲酒、喫煙、アレルギー、メンタル面、大便、小便、睡眠、食欲、性欲、発熱、発汗、その他にも全身各部位の状態について、もっともっと細部まで、結構デリケートな内容まで、記入項目が非常に多かったり。

 

脈診や舌診、腹診と呼ばれる方法で、脈や舌、お腹の状態を確認する作業を重視していたり。

 

体内の気の流れや、外見から体表のオーラを目視で判断したり。

 

施術を受けるまでに、問診票記入やカウンセリングに1時間、2時間とかかるところもあるそうです。

 

鍼を山のように刺したり、反対に1本だけしか刺さなかったり、刺さない鍼を使ったり。

 

米粒くらいの小さなお灸をすえたり、最近はほとんど行っているところがなくなりましたが、でっかいお灸を肌に直接すえてやけどによってわざと化膿させることを目的としたり。

 

鍼やお灸の手法もさまざまです。

 

と、ちょっぴり極端な前置きがとてつもなく長くなってしまいましたが、鍼灸のスタイルについて、齊木鍼灸整骨院ではどんなことをするの?について、ちょこっとご紹介させていただきます。

 

結論から申し上げますと、特別な決まりは設けていません。

 

何とか流とか、どこかの会に入っているとか、団体にも属していません。

 

柔道整復師・鍼灸師ですので当たり前と言えばそうなのですが、東洋医学に関することを学ぶ機会が多かったのですが、西洋医学に対して否定的なタイプではまったくありません。

 

当院の場合、氏名や年齢、性別、連絡先、症状、お望みの施術方法、薬の服用の有無、アレルギー等を1枚の用紙に記入していただきます。

 

それから書いていただいた内容をもとにお話を伺います。

 

齊木鍼灸整骨院ではカウンセリング・対話を大切にしています。

 

特に初回は施術中も何やかんやと質問させていただいたり、気になることや言い忘れていたことがあれば遠慮なく伝えてくださるようにお願いしています。

 

これは症状にもよるのですが、当院では、患者様自身の感覚と医療機関での診察や検査、が何より重要であると考えております。

 

紙面では伝えにくいこと、文章やチェックリストでは表現しにくいこともあったり、後からふと思い出したりすることもあるかと思います。

 

それを対話の中で、口頭やジェスチャー、雰囲気で発信していただいて、こちら側はその内容を、微妙なニュアンスもできる限り感じ取れるようにアンテナを張っている、聞きもらさないように、理解できるように注意している、といったところでしょうか、ちょっと大げさかもしれませんが。

 

そして施術者として、つねに最適な判断ができるように心がけています。

 

もちろん、脈を感じたり、舌を見たり、お腹を触ったり、徒手検査をしたり、たくさんの項目にチェックしてもらったりも、とても大事なのですが、齊木鍼灸整骨院ではこれらをどんなお悩みに対しても毎回行うということはありません。

 

施術の内容や目的によっては、多少突っ込んだお話も伺いますが、誰に対しても必ず確認することもありません。

 

当院ですべて状態を確実に把握できればよいのですが、症状によっては1度お医者さんの診察を受けることをおすすめするケースもたまにあります。

 

施術者の経験や知識、勘で何もかも解決できればとてもすばらしいですし、それが理想的です。

 

ですが個人的には、極論であるかもしれませんが、ただ単に僕が未熟者だからかもしれませんが、鍼灸院や鍼灸整骨院における判断は所詮、推測に過ぎないと考えています。

 

なので少しでも疑わしい時は、頻繁にあるわけではないのですが、医療機関での検査を優先していただくようにしています。

 

たとえ何も異常が見つからなったにせよ、その方が本当に患者様のためにもなりますし、現状を知ることでより的確な施術計画が立てられます、と思っております。

 

次に鍼やお灸の仕方ですが、これもまた患者様によって違いがあります、バラバラです。

 

1本もしくは数本の鍼を患部に繰り返し刺して抜いてしたり、いくつかツボを選穴して数本から十数本の鍼を身体のあちこちにしばらく刺したままにしたり、お顔や頭を中心に数十本の鍼を刺したり。

 

肩まわりや腰にお灸をすえたり、お腹や手足にすることも。

 

鍼の太さや長さ、本数、お灸の熱さやすえる数は、患者様の症状や体質、ご希望によって個人差があります。

 

東洋医学的思想の強い人からは、こりを突っつくだけの鍼や市販されているせんねん灸、美容に対する鍼灸は軽視されがちだったり、まるで何かのおまじないのような、肩が痛いのに足だけに施術をするような鍼灸は、世間からは、西洋医学の世界からはめちゃくちゃ不審がられたりしますが、齊木鍼灸整骨院の鍼灸はどちらか一方に傾倒しているスタイルではありません。

 

効果的と思われる方法なら、当院で対応できる範囲であれば、東洋医学的であろうが西洋医学的であろうが、こだわりなく採用しています。

 

誰が患者様でも、それが自分の家族や親しい友人であったとしても行う施術、を選択します。

 

古来からの伝統的な方法による鍼灸を貫くのもすごいことと思いますが、重篤な病気を抱えて苦しんでいるのにも関わらず、鍼が1番いいよ、副作用の少ないお灸で体質改善からはじめましょう、とは言いませんし、そのような思考にもなりません。

 

僕なら真っ先にお医者さんに頼ります。

 

また、肩こりのせいで毎日かなりしんどそうな姿を目の当たりにしているのに、頚や肩にはいっさい触れず、手に1本だけの鍼を刺したり、足のみにお灸をすえるといったような施術方法を提案することもきっとないでしょう。

 

僕ならつらい患部にも直接アプローチします。

 

痛みがひどかったり、炎症が起こっているようなら、飲み薬や貼り薬を使用するのもよいと、我慢せずに頼るべきと考えていたりもします。

 

そんなこんなで齊木鍼灸整骨院の鍼灸について・・・、いかがでしたか?

 

途中から、こんなよくわからん文章だけのブログ誰が読んでくれんねん、このYouTubeの時代に、と思いながらも、文字中毒の方なら暇つぶしに流し見してくれるかもしれないと自分に言い聞かせながら、結局最後までポチポチ打ち続けてしまいました。

 

ブログタイトルから微妙に脱線した、いつの間にかゴールを見失った内容の記事になってしまいましたが、要するに鍼灸は施術者や施術所によっていろいろ、当院の鍼灸は患者様に合わせて臨機応変に、ゴリゴリの東洋医学派ではなくフリースタイルであるというお話でございました。

 

こんな感じの齊木鍼灸整骨院でも差し支えなければ、何なりとお気軽にご相談くださいませ。

 

施術歴16年以上になる経験豊富な国家資格保持者が、親切・丁寧な施術でサポートさせていただいております。

 

≫大阪箕面の隠れ家的な鍼灸整骨院

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

営業時間外でもご利用いただけます、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

どうでもいい通知がしょっちゅう届くようなことはありませんし、必要がなくなればいつでも気兼ねなく削除していただいて構いませんので、単純に連絡ツールの1つとして安心してお使いくださいね。

 

 

友だち追加

鍼灸や整体を受ける際に気をつけること

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

今まで鍼灸や整体を受けて、施術後にだるくなったり、筋肉痛みたいなもみ返しが出たり、施術前よりも痛みが増強したり。

 

中にはじっと立っていられないくらいにしんどくなってしばらく休憩してから帰宅したり、めまいや吐き気とともに冷や汗が流れて貧血のようになった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

はじめてだったり、久しぶりに施術を受ける時には、身体が慣れていなかったりすると多少のだるさが感じられたり、施術当日の夜や翌朝にもみ返しになる方もおられます。

 

ある程度の刺激を受けますので、さまざまな反応があらわれるのは自然なことではあるのですが、できれば避けたいところです。

 

ましてやふらついて気分が悪くなったり、血の気が引いて貧血みたいになってしまうことがあると、鍼灸や整体は2度と受けたくないと、大っ嫌いになっちゃいますよね。

 

あまりよろしくないイメージが先行していたり、世間には知られていないことばかりでまだまだ認知度は低いのですが、鍼灸や整体には魅力的な面もたくさんございます。

 

その日の体調や症状、体質によっては合う、合わないがどうしてもあったりはするのですが、これから鍼灸や整体をはじめてみようかなとお考えの方へ、できるだけ違和感なく受けていただけるように、施術前後や施術中に気をつけるとよいことをご案内したいと思います。

 

まず施術前ですが、直前の食事や飲酒は控えましょう。

 

食後すぐやアルコールを摂取した状態で鍼灸や整体を受けると、お腹が圧迫されて負担がかかったり、さらに血行が促進されることによって、気持ち悪くなる場合があります。

 

普段から施術を受けることに慣れている方でも、満腹やほろ酔いでの鍼灸や整体は要注意です。

 

次に睡眠不足や熱がある時。

 

不眠や咳、痰、喘息でお悩みの方へ施術を行うこともあるのですが、これらのような症状以外で、いつもより極端に寝不足だったり、熱っぽい状態での鍼灸や整体も、施術後の体調に影響を及ぼす可能性があります。

 

微熱ならまだしも、高熱はもちろんNGです。

 

そして緊張しやすい方。

 

精神的な状態も作用することがあります。

 

どのような場面においても著しく緊張しやすい方は、施術者に事前に伝えておくとよいですよ。

 

そうするだけでも緊張がほぐれて気分的にも楽に、全然問題なく鍼灸や整体を受けることができたりします。

 

施術当日の、鍼灸や整体後間もない飲酒、食事、長湯、運動も。

 

施術前と同様に、急に血流が促進されたり、施術を受けたばかりの患部に負荷がかかったりすると、いろいろな過剰反応があらわれることがあります。

 

特に鍼灸や整体が未経験の方や、はじめてのところではじめての先生による施術を受けられた方、毎回だるさやもみ返しが出る方は意識するようにしましょう。

 

何となくしっくりしないまま、同じ体勢が続くとよくないこともあります。

 

たとえば美容院のシャンプー台で、気持ち悪くなったことのある方もおられるのではないでしょうか?

 

施術中はしばらくうつ伏せや仰向けの状態が続いたりします。

 

横向きや座ったままでも施術を行うことができますので、体勢が合わない時はけっして我慢せずに、ポジションを変えてもらうようにしましょう。

 

代表的な注意事項をいくつかご説明させていただいたのですが、上記の他にも、心臓や腎臓に持病がある方、注射を受けた後だったり、日常的に服用している薬等、既往歴や現在進行形の治療状況、体質によっては施術を受けない方が無難なケースもございますので、たとえ些細な内容だとしても、気になる点は前もって相談なさることをおすすめします。

 

より快適に、心地よく鍼灸や整体を受けていただけるように、ご参考になれば幸いです。

 

不安要素を抱えたまま施術を受けるのはあまりおすすめしませんので、当院でもよろしければお気軽にお問い合わせくださいね。

 

≫隠れすぎている齊木鍼灸整骨院はこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

営業時間外でもご利用いただける、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

友だち追加したら、求めてもいない通知がひっきりなしに届くようになって不快だ、なんてことはありませんのでご安心くださいませ。

 

デメリットはないかと思いますが、今のところ特別メリットもございません。

 

 

友だち追加

不妊に対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:不妊治療

 

齊木鍼灸整骨院では妊活鍼灸・妊活整体として、性別に関わらず、不妊治療・妊活中の方へのサポートを行っています。

 

前回の円形脱毛症と同様に、不妊も当院で注力して施術に取り組んでいる症状の1つです。

 

今回はこの不妊に対する鍼灸と整体の施術のコースや料金、時間について簡単にご案内いたします。

 

ホームページや箕面の齊木鍼灸整骨院ブログ等では、身体における解剖学的構造上の理由から、男性不妊・女性不妊と分類し、記載しています。

 

男性の身体、女性の身体によってアプローチの仕方や選穴するツボが異なることがありますが、基本的に施術に要する料金や時間は性別に関係なく同じです。

 

まずは妊活鍼灸。

 

施術メニューでは鍼灸コースに該当します。

 

施術料金は5,000円で、施術時間は約40分です。

 

2つ目の妊活整体。

 

こちらは整骨・整体コースに当てはまります。

 

施術料金は3,500円で、施術時間は約30分です。

 

鍼灸コース、整骨・整体コースともに初回は初検料として別途2,000円と、カウンセリングに約20分の時間をいただいています。

 

鍼灸と整骨・整体、どっちがいいの?と、ご質問をいただくことがよくあるのですが、もし特別な事情がなければ個人的には鍼灸コースをおすすめしています。

 

ですが、鍼やお灸の刺激がどちらかと言うと苦手な方には、整骨・整体コースを選択していただいています。

 

それは、鍼灸の方が何となく効き目がありそうだからと、ガチガチに緊張しながら、冷や汗を流しながら我慢して施術を受けられても、経験上あまりよい結果につながらないことが多いように感じるからです。

 

せっかくの貴重なお時間が、お金がもったいないことになってしまします。

 

なので、いつもご説明させていただく時には、予算や時間の制限を考慮していただいたうえで、お好みで決めていただいてもよいですよ、とお伝えしています。

 

もちろん、おまかせの方にはこちらから最適なプランをご提案させていただきますが、けっして押し付けるようなことはしておりませんので、ご安心くださいね。

 

妊活鍼灸も妊活整体も、オプション追加でさらにしっかりと時間をかけて受けていただくこともできます。

 

妊活鍼灸では鍼だけ、お灸だけでもいいですし、妊活整体では関節の調整やストレッチはなしで、ツボをとらえながら単純にほぐすだけでもまったく問題ありません。

 

今やれることは、効果が期待できることは全部したいといった方は、鍼灸と整体の両方のコースを組み合わせることも可能です。

 

よいことはいろいろとどんどん取り入れてみてください。

 

苦手なことは無理にする必要はありません。

 

合う、合わないは人それぞれです。

 

あちこちにたくさんある整骨院や鍼灸院、鍼灸整骨院の中から当院を見つけて、しかも選んでわざわざ来院していただいているわけですから、頼ってくださる限りは何とかしてお力になりたいといつも考えています。

 

たとえ些細と思われることでも、遠慮なさらずに何なりとご相談くださいね。

 

≫ゆるりとした雰囲気の齊木鍼灸整骨院はこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、営業時間外でもご利用いただける、便利な齊木鍼灸整骨院のLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもお気軽にどうぞ。

 

 

友だち追加

円形脱毛症に対する鍼灸と頭の整体

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

今までいろいろなご依頼をいただいてきましたが、その中でも特に注力して施術を行っている症状の1つが、円形脱毛症です。

 

齊木鍼灸整骨院では、育毛鍼灸・発毛鍼灸や頭の整体といった施術スタイルで対応させていただいています。

 

≫鍼灸と整体で、元気な髪の毛をはぐくむ

 

今回はその円形脱毛症に対する施術メニューや料金、時間について簡単にご説明させていただきます。

 

まずは育毛鍼灸・発毛鍼灸。

 

鍼、もしくは鍼とお灸による施術を希望される方は、鍼灸のコースが当てはまります。

 

料金は5,000円で、時間は約40分です。

 

初回は初検料が別途2,000円と、カウンセリングに約20分のお時間をいただいています。

 

鍼灸コースではもみほぐしたりストレッチを行ったりはせず、鍼かお灸、その両方のみによる施術になります。

 

脱毛部だけに限らず、頭部以外の効果が期待できるツボへも鍼を刺したり、お灸をすえることもあります。

 

2つ目が頭の整体。

 

こちらは整骨・整体のコースに該当します。

 

料金は3,500円で、時間は約30分です。

 

鍼灸コースと同じように、初回は初検料として別途2,000円、カウンセリングに約20分、さらに時間がかかります。

 

鍼やお灸がお好みでない方は、整骨・整体コースである頭の整体による施術をおすすめしています。

 

頭の整体は名前のように、円形脱毛のある患部、頭部への施術がメインとなるのですが、症状や原因によっては頚や肩、背中にもアプローチすることがあります。

 

円形脱毛部が数か所あったり、広範囲に及んでいたり、もうちょっと時間を費やしてケアをしてほしいな、といった場合は、鍼灸コースですと鍼灸追加、整骨・整体コースでは施術時間延長のオプションメニューを加えることができます。

 

たとえば他にも、頭の整体を基本として、円形脱毛のあるところだけに部分的にちょこっと鍼をご希望の方は、整骨・整体コースに鍼灸追加を合わせたり、育毛鍼灸・発毛鍼灸も頭の整体もしっかり受けたい方は、鍼灸と整骨・整体のコースの両方ともを組み合わせることも可能です。

 

施術時間延長は10分1,000円から、鍼灸追加は約10分1,500円から、それぞれ時間や部位数によってお選びいただけます。

 

円形脱毛症に対する鍼灸と頭の整体に関して、上記以外にもご不明な点がございましたら、当院までお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ある程度の予算や時間に制限がございましたら、極力ご都合に合わせて、お望み通りに施術プランを組み立ててご提案できればと考えておりますので、まずは何なりと気兼ねなくご相談くださいね。

 

≫まるで隠れ家のような齊木鍼灸整骨院はこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、時間外でもご利用いただけます、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもよろしければポチっとどうぞ。

 

 

友だち追加

PMS・PMDDに対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:生理痛、PMS(月経前症候群)を軽くする方法

 

生理の数日前から心と身体に起こる、さまざまなつらい症状。

 

たとえば下腹部や乳房の痛み、胃の膨満感、便秘、下痢、肩こり、頭痛、めまい、肌荒れ。

 

イライラや気分の落ち込み、絶望感、情緒不安定、集中力の低下のように精神的な不調が特に悪化して目立つような状態をPMDDと言います。

 

一般的には生理前症候群だけを指して述べられていることが多いのですが、齊木鍼灸整骨院では生理後症候群も同じくPMSとして表記し、対応させていただいております。

 

今回はこのPMS・PMDDに対する鍼灸と整体の施術プラン、料金や時間についてご説明させていただきます。

 

鍼灸の施術にかかる料金は5,000円で、時間は約40分です。

 

整骨・整体は3,500円で、約30分です。

 

鍼灸も整骨・整体も初回は初検料として別途2,000円と、カウンセリングに約20分、さらにお時間をいただいています。

 

鍼灸か整骨・整体か、もしくはその両方かの選択基準ですが、入り口としてまずは簡単にお好みで決めていただいてよいかと考えています。

 

鍼やお灸の刺激が苦手な方は整骨・整体を、特別なこだわりがなければ基本的には鍼灸をおすすめさせていただいています。

 

鍼灸も取り入れたいし全身ほぐしてもほしい方や、より効果をお求めの方は、鍼灸と整骨・整体のコースを組み合わせて受けられています。

 

メインは整骨・整体で、部分的にちょこっと鍼やお灸による施術をお望みの方は、オプションメニューから鍼灸追加を選ばれています。

 

もっと時間をかけてのんびり受けたい時は、10分単位で施術時間を延長することも可能です。

 

PMSの中でも精神面、PMDDの症状が著しい場合はなおさら、何よりリラックスしてゆったりと、心地よく施術を受けられることがとても大切です。

 

ですので、少しでも苦手だなと思われることは無理にする必要はまったくありませんし、こちらから強引にすすめたりもいっさいいたしておりません。

 

PMSやPMDDだけには限らず、当院ではどのようなお悩みに対しても、そのような方針でいます。

 

自分のことは自分で、とけっして冷たくぽーんと突っぱねているわけではありませんので、ご安心くださいね。

 

もちろん、全部おまかせするのでお願いね、といった方は遠慮なくおっしゃってくださいませ。

 

症状の根本改善を目指して、患者様にぴったりと寄り添いながら、とことんサポートさせていただきますので。

 

≫齊木鍼灸整骨院は、こんなところです

 

はじめての方は何かと不安だらけだと思います。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

早朝や深夜の営業時間外でも、24時間365日、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもよろしければポチっとどうぞ。

 

何なりとお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

友だち追加

たるみ・ほうれい線に対する美容鍼灸と小顔整体

JUGEMテーマ:美容

 

今回はたるみ・ほうれい線に対する美容鍼灸と小顔整体に関する内容です。

 

齊木鍼灸整骨院の主要な施術メニューの1つである、美容鍼灸の適応症状や料金、時間について簡潔にご案内いたします。

 

お顔のたるみをリフトアップ、フェイスラインを引き締めて小顔に導くことを目的としたり、ほうれい線や小じわ、むくみ、くすみ、クマ、肌荒れ、ターンオーバーの乱れといった、さまざまなお肌のトラブルに対応しています。

 

基本的には数十本の鍼を刺すのですが、当院の美容鍼灸のコースではお顔の美容整体、小顔矯正も合わせて行います。

 

コンディションによっては患部に円皮鍼を貼ったり、お顔以外の部位にお灸をすえることもあります。

 

施術にかかる料金は6,000円で、時間は約40分です。

 

初回はカウンセリングに約20分、初検料として別途2,000円いただいています。

 

はじめての方限定なのですが、お得なクーポンをちょこっとご用意しています。

 

クーポンはブログ投稿時点での情報になりますので、齊木鍼灸整骨院で美容鍼灸受けてみようかなとお考えの方は、来院される前にもう1度ご確認くださいませ。

 

≫鍼灸院・美容鍼サロンの口コミサイト

≫国内最大級の店舗・施設の情報サイト

 

美容鍼灸と小顔整体は、頭部にも少しアプローチすることもありますが、メインとなるのはお顔に対する施術です。

 

髪の毛もきれいに元気になるように、頭にももうちょっと鍼をしてほしいな。

 

頭皮がカチカチだから、やってもらうと気持ちいいから、頭の整体もしっかり受けたいな。

 

こんな時はオプションメニューで鍼灸追加や、整骨・整体コースを組み合わせられることをおすすめしています。

 

産後の骨盤矯正や、お顔だけでなく心と身体のバランス調整、癒しを求めて全身をほぐしたりと、美容と健康のトータルケアに美容鍼灸と整骨・整体を、さらには鍼灸も一緒に選ばれる患者様もいらっしゃいます。

 

施術方法はいろいろです。

 

美容鍼灸コースもそうですが、必ずこうしなければならない、ということは特にありません。

 

患者様お1人お1人のお悩みやご希望に寄り添って、改善を目指してオーダーメイドの施術をご提供していますので、通院ペースや費用面も含めて、どのようなことでもまずはお気軽にご相談くださればと思います。

 

≫ようこそ、箕面の隠れ家的な鍼灸整骨院へ

 

お悩み相談やご質問、ご予約に。

 

24時間365日、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

できるだけ安心して当院をご利用いただけますように。

 

状況によっては返信に少々お時間をいただく場合もありますが、早朝や深夜の営業時間外でも、たとえ些細な疑問であったとしても、遠慮なさらずにお問い合わせくださいね。

 

 

友だち追加

突発性難聴が、鍼灸適応疾患であることをご存じですか?

JUGEMテーマ:難聴

 

突発性難聴はその名前の通り、ある日突然耳が聞こえにくくなる疾患です。

 

まったく聞こえなくなることもあります。

 

中には耳鳴りがする、聞こえ方がいつもと違う、耳が詰まったような閉塞感といった前兆があった方もいらっしゃいますが、ほとんどは急に、どちらか片側の耳だけに難聴が起こることが多いようです。

 

血流障害やウイルス感染による影響が有力視されてはいますが、今のところはっきりとした原因はわかっていません。

 

好発年齢は30代から60代で、日常的に過度にストレスを受けていたり、睡眠不足が続いていたり、疲労の蓄積があるような人がなりやすいとも言われています。

 

初期の段階では、聴力検査で異常がないために問題ないとの結果で治療なしになるケースや、メニエール病と診断を受けることもあるようです。

 

1回きりで再発することはないのですが、残念ながら100%すべての人が根治するわけではありません。

 

突発性難聴は何よりできる限り早期の治療が重要で、異変を感じたらすぐに、遅くても2週間以内には専門の医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

タイムリミットは3週間から4週間とはされていますが、治療をはじめる時期が遅くなるほどに予後が悪くなります。

 

2週間以上経過すると、ある程度までは聴力が戻っても、完治は非常に困難になってしまいます。

 

そんな突発性難聴や、それにともなう耳鳴り、めまいに、鍼灸や整体で対応できることをご存じでしょうか?

 

西洋医学による治療を最優先に、合わせて東洋医学による施術を取り入れることで、さらによりよい結果につながる可能性が高まる場合もあります。

 

難聴や耳鳴りといった耳鼻咽喉科系の症状も、鍼灸適応疾患として含まれていますので、鍼灸や整体による施術効果も大いに期待できるかと考えています。

 

実際にしばらく病院に入院したり、注射を受けたり、薬を飲み続けても治らない時に、何とかならないかと駆け込み寺のような感じで、東洋医学に最後の望みを託して来院される患者様も少なくありません。

 

完全なコンディションまでは戻らなくとも、発症後3か月や半年でもだいぶ回復する方もおられます。

 

ですが、さすがに数年もたっていると、鍼灸や整体による施術を定期的にペースを守ってしばらく継続しても、まったく変化がないこともあります。

 

ですので西洋医学同様、東洋医学もなるべく早くに施術を受けていただくことをおすすめしています。

 

もし可能であれば、主治医の先生のお邪魔にならなければ、同時並行的に受けられると理想的です。

 

受療率がおよそ5%とまだまだ低く、何かのおまじないのようにうさんくさく思われがちな鍼灸ですが、疾患によってはその力をすばらしく発揮してくれることもございます。

 

もちろん、同じ鍼灸や整体でも施術の方法にもよりますが。

 

心と身体に優しい東洋医学、もしかしたら改善へと導いてくれるかもしれませんよ。

 

現在、突発性難聴や耳鳴り、めまいに悩まされている方、他にいい方法がないかと思案されている方へ。

 

心地よく受けていただける、ゆったりとお過ごしいただける、施術と空間をつねにご提供できるように心がけています。

 

基本的にはお1人ずつご予約をお取りしていますので、デリケートなお悩みも気兼ねなくお話しくださればと思います。

 

とてもすてきな感じで言うと隠れ家のような雰囲気で、簡単に言うとどこにあるのかわかりにくいただの小さな鍼灸整骨院ではありますが、鍼灸と整体を通してしっかりとことんサポートさせていただいておりますので、当院でよろしければ何なりと、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

≫箕面高校前近く、牧落交差点からすぐです

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、時間外でもご利用可能な齊木鍼灸整骨院のLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもポチっとどうぞ。

 

 

友だち追加

逆子のお灸

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

逆子と診断を受けたお母さんへ。

 

分娩時のリスクや赤ちゃんの合併症、外回転術や帝王切開のことを考えると、そうでなくてもただでさえ不安だらけなのに、とても心配になりますよね。

 

妊娠初期や中期はまだ赤ちゃんが小さく、子宮内のスペースも広くて自由に動けるので、逆子は特に珍しいことではありません。

 

妊娠中期では約30%の赤ちゃんが逆子なのですが、出産が近づくにつれてほとんどは自然に頭が下に向いた頭位の状態になります。

 

ちなみに頭位の反対、逆子は医学的に骨盤位と呼ばれています。

 

それでも妊娠後期になっても逆子のままの場合に、外回転術や帝王切開も視野に入れたお話が主治医から伝えられます。

 

外回転術せずに、帝王切開は避けたい、できることなら自然に出産したい。

 

妊娠28週から30週頃に逆子と確認されると、お医者さんや助産師さんの方針にもよりますが、逆子体操のやり方を指導してくれたり、鍼灸や整体を提案されることもあります。

 

かかりつけの先生が、お灸してもらうといいよ、って教えてくださったので、といった患者様も実際におられます。

 

逆子のお灸。

 

一般的によく知られているのが、足の小指にある至陰と、内側のくるぶしの少し上にある三陰交です。

 

この2つのツボにお灸をすえることが主流となっています。

 

鍼灸院によって使用する素材や施術方法は多少異なりますが、当院ではお身体の状態やご希望に合わせて、他の部位にもお灸をすえたり、整体を取り入れて対応させていただくこともあります。

 

あちこちお灸だらけで熱さに耐えなければならなかったり、いきなりポキポキ、バキバキされる、なんてことはありませんのでご安心くださいね。

 

刺激に敏感な方へは温熱がソフトに感じられるお灸を用いたり、整体では強弱を伺いながら、調節しながら施術を行いますので、ポカポカ心地よく、ゆったりとリラックスして受けていただけるかと思います。

 

基本的にはお1人ずつご予約をお取りしています。

 

まるで隠れ家のような、あなただけのプライベート空間ですので、身体だけでなく心のコンディショニングにも最適な環境になっています。

 

ですが・・・、いつもブログを読んでくださっている方や、ホームページをご覧になられたことのある方はすでにご存じの通り、齊木鍼灸整骨院はビルの3階奥にあります。

 

しかも階段です。

 

エレベーターはありません。

 

≫北摂箕面ある、こんな感じの鍼灸整骨院です

 

そんなの別に気にしないよ、たまにはそれくらい足腰使わないとね、運動不足解消になるわ。

 

と、そんなスーパーポジティブなお母さんがいらっしゃいましたら、逆子のお灸に、出産前の心身のメンテナンスに、険しい道のりが待ち構えている当院でもよろしければ、くれぐれもお気をつけてご来院くださいませ。

 

ビルの外観からは見えておらずどこにあるのかわかりにくい、他のお店がお休みの日の夜は薄暗くて存在感がさらになくなる、このような齊木鍼灸整骨院へ足を踏み入れてくださる患者様には、しっかりとことんサポートさせていただきますので、何なりとお気軽にお問い合わせくださいね。

 

逆子のお灸、わかり次第早めの対策がおすすめです。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、便利なLINE公式アカウントからもポチっとどうぞ。

 

 

友だち追加